En Ja

Keys to the City

コラムニスト/2016〜2017

東京や近郊エリアの物件情報を独自の観点で選び提供する不動産サイトR-Store。2016年、私は彼らのユニークな物件情報に呼応するような東京の暮らし方を様々な面から伝えるオンラインコンテンツを作りました。

Keys to the Cityは月一回更新のコラムとして、デザイナー、コレクターをはじめとしたクリエイティヴの分野で活動する人々の家を訪ね、彼らと彼らが暮らす空間、土地の関係を探りました。家具デザインからカクテル作り、ファウンドオブジェクト収集に至るまで、彼らが情熱を傾けるものや暮らしの中の工夫、そして彼らが住む町独自の環境について伝えてきました。

コラムでは、東京に住むということの現実やチャレンジ、そしてそこにある喜びを浮かび上がらせ、他の不動産マーケティングでは見られない、想像力を掻き立てる新たな暮らしのあり方を提供しました。

とてもユニークな居住空間を作り上げている成田玄太さん。穏やかな話し声と細部への確かな視線を持ったバーマネージャーである彼は、様々なバーやショップなどの空間からインスピレーションを得て、くつろぎリラックスできる折衷的な部屋を作り上げています。

ダヴィッド・グレットリさんの仕事と日常は地続きになっています。彼が作った家具や収集した興味深いものたちに囲まれ、私たちの対話は家具と空間の関係性についてから始まりました。

成重松樹さんときくちゆみこさんのクリエイティヴィティは、彼らのカラフルな部屋にある様々なものから生まれ出したように見えます。たくさんの本、収集品やガラクタが本棚に並ぶ彼らのリビングルームが、作品を生き生きとしたものにしています。

All rights reserved © 2020 The White Paper by Ben Davis